amazarashi

あまざらし「冬のせい」がめっちゃかっこいい! インディーズ音源

秋田さんの「冬のせい」めちゃくちゃカッコよくないですか!!??

2016年の秋田日記でインディーズ時代の音源について言及していましたね。

冬のせい

破れる夢なら見なきゃよかった

離れる人なら愛さなきゃよかった

本音ではないよ 真に受けるなよ

でも後悔はない なんて言えないよな

冬のせい 作詞:秋田ひろむ

うまく言葉に直せないんですがこういった表現はamazarashiになってもいろんな曲で出てきますよね。
とはいいつつどの歌で出てくるかパッと思い出せないんですが…

昔の音源と今の歌い方を比べると歌い方や歌詞の雰囲気はだいぶ変わっていますが
それはそれ。これまでの積み重ねがあったからこそ今のamazarashiがあるんですよね。

過ぎ去った景色の数だけ 強くなれるから

もっと遠くへ

離れてく 嫌いだったあの街に

胸が痛むのは 冬のせい

冬のせい 作詞:秋田ひろむ

過去曲の音源化

取材で秋田さんはストック曲と音源化のタイミングについて質問されており「もう歌えない曲も多いが、昔の曲もなるべく音源化していきたい」といっています。

歌えない曲の中に「冬のせい」がないことを祈ります。

あんたへ

ピカリ
ピカリ
初回生産版よりもこの普通のジャケットの方がカッコいいよね

「lifestar vista」 「積み木」が「あんたへ」のもとになったとされる楽曲です。

他にはあまざらし時代の「光、再考」にも収録されている「ドブネズミ」これもむかしからある曲ですね。
秋田さんはTHE BLUE HEARTSのファンであることを公言していて
あるDVDではドブネズミの途中で「リンダ リンダ」の一節が歌われます。

未来作り

この曲も「光、再考」に収録されていましたが

amazarashiの1stフルアバム「千年幸福論」で再レコーディングされました。

胸はって 僕は僕だって 言ったっていいんでしょ

いつだって ここに帰ってきたっていいって言ってよ

僕は精一杯僕を肯定するよ

ただ僕を 信じてくれたあなたを 肯定する為に

未来作り 作詞:秋田ひろむ

僕はここの部分がこの曲でいちばん好きなところ!

渋谷公会堂のセトリ

アポロジーずのamazarashi live Historyにメジャーデビュー以降のライブ、セットリストについて書いてあります。

(不定期更新なので2019,9月7日時点ではメッセージボトル以降のセトリはまだ、更新されていません。)

セットリストにはまだアルバムに収録されておらず、上記で紹介していない曲も何曲かありますね。

ピカリ
ピカリ
渋谷公会堂とかでライブに参加できた人たち….めっちゃ羨ましいです!!

公式HPにあるものとは別の秋田さんからのコメントも書いてあり、有料会員しか知ることができない情報がいっぱいあります。

未来になれかったあの夜に アルバムが待てない!!

「未来になれかった全ての夜に」ツアーで歌われた曲

秋田日記にもその歌詞が乗っていますが、
ライブで歌われたものは日記の内容に1コーラス追加された物だと思います。

追加公演の中野サンプラザでは、「ロングホープフィリア」を弾き語りでセルフカバーしてくれましたね!

他のアーティストに提供した楽曲はあと2曲、「Today」と「スプリンター」
「冬のせい」も含めてこちらもいつか秋田さんの声で聴きたいですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です