AMZコラボレーション企画

amazarashi エキストラとして参加できたMV

大好きな作品に、じぶんが関わることができたら、
それは最高の思い出になりますよね!

これまでのamazarashiの活動のなかで、ぼくたちリスナーが参加して1つの作品になった例を紹介していきます!

空に歌えば


メッセージボトルツアー 青森公演で撮影された「空に歌えば」のMVです。

ライブが始まるまえにいつも飲食ダメとか、録音撮影禁止とかのアナウンスがあるとおもうんですが

その時に、ライブ終演後、新曲のMVの撮影があるので「観客役」として撮影にご協力ください。とアナウンス。

リンクモア平安閣市民ホールで行われたメッセージボトルツアーで「空に歌えば」が生で初披露されましたね。

ポエトリーの部分だけを2回ほど撮影し、最後にフルで撮影がおこなわれていました。

完成したMVがこちら

使用されたシーンはポエトリーの後のサビの部分だけでした。

もっとリンクもあの映像を使ってくれるとおもっていたのでちょびっと残念ですが
あの場所に実際にいれたことがめちゃ嬉しいので大丈夫!!

武道館ライブ

こちらはエキストラというか、完全にファン参加型のライブ演出でしたね。
新言語秩序に抵抗・検閲を解除するための専用のアプリを使いながらライブを楽しめました。

ライブの様子はこちら!

リンク先はアジア最大のクリエイティブアワードに参加した際のデモムービーになっています。

ファンのアイデアがグッズ化!

MVではありませんが、武道館ライブのときには「新しいグッズのアイデア」がアポジーズ内で募集されましたね!

これも僕はみのがしてました….

(アポロジーズのスマホサイトのデザイン、もうちょっと何とかなりませんかね。)

この企画で実現した新しいグッズが秋田さんのトレードマークでもある「ハット」!

CA4LAさんとのコラボという形で販売されました。

この前、秋田さんがテレビに生出演した時もこのハットを被って歌っていましたね!
ツバのところにレーザーカットでamazarashiの三角マークがほどこされているので、影をみると一発でわかります。

買うのを忘れちゃっていたので、また売ってほしいんですが

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です