大学院

ぼくが放射線を選んだ理由、大学院に進もうとおもった理由

あなたはどうして今の人生を歩いているのか振り返って考えたことはありますか?

ツイッターのTLに、どうして今の道をすすんでいるのか書いていた人がいたのでこの記事でぼくも書いてみようと思います。

ピカリ
ピカリ
吹き出しの内容 僕が放射線専攻、大学院に進んだワケをかいていくよ

放射線専攻に進んだワケ

最初から放射線技師になりたかったのではありません。高校3年生の時、医者以外で「治療」に関われる職業を考えたときに「放射線治療」という単語を見つけて放射線技師なら医者みたいに患者さんに対して治療ができそう!

となんとなく考えた、ただそれだけです。とうぜん、一般撮影やCT,MRIなどで画像をとる仕事もあるとしっていましたが高3だったぼくにとっては「治療」がもっとも魅力的なワードでした。

それ以外のN,PT,OT、Tは自分に向いていないと思って詳しい仕事については一切しらべませんでした。「 病院 」で働けばお金も稼げるだろうっていう考えがあったのも大きいです。

入学してみてどうだった?

しっかり前期試験で合格し、放射線学科での大学生活のはじまり、じっさいに勉強してみてわかったことは放射線技師が患者さんに対して治療を行うことはできないということです。

医師の指示のもとに放射線の照射を行えるだけです。高校3年の時に思い描いていた事のほとんどができないことに気づきました…

放射線技師の仕事について「調べたつもり」だったわけです。入学して放射線技師の現実をちょっと知ってしまったわけですが病院で働けば将来安泰だと思って資格を取るために、留年しないようにがんばりました。

いろいろと勉強をするなかで放射線技術のおもしろさも感じられるようになりました。他の学部に行った友達からスイッチマンは楽だよねーといわれたときは悔しかったです。

4年で卒業にこだわった

留学してみたい気持ちもありましたが、お金がなく、集める努力もしなかったので実現しませんでした。休学してまでやりたいこともありません。

自分の中で「退学」もありえませんでした。大学に入学してからも家族の援助があって学生生活を送っていたので「辞める」のは一番ダメだと思っていました。寄り道をしないで4年間で大卒をとって国家試験も合格する。これがぼくにとっての正解の道でした。

あと、留年した先輩や国試を落とした先輩が全学年からバカにされているのを聞いてると嫌でも4年で卒業したくなりました。

大学院にすすんだ理由

4年生になった時、このまま卒業して病院に就職してしまうとこれからの人生はもうすでに敷かれてるレールの上を走るだけなんじゃないか。そんな人生はなにか違うような気がして…ぼくはそう思ってしまいました。

放射線技術についてもそうですがまだまだ知らないことが多いし、既存の価値観に縛られずに、ぼくの知らない世界でいきているひとたちがいること。大学院に進んでまだ知らない技術、放射線・医療の最先端についてもっと学びたい。学部生よりも自由につかえる2年分の時間でべつなことも学んでみようと考えたからわかったつもりになっていることを少しでも減らしたい。大学院に進んで将来の選択肢を増やしてみたいと考えたからです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です